カラーセラピーの起源・歴史

カラーセラピーは、古代エジプト時代、
ヘリオポリスで行われていたヘリオセラピー(太陽療法)が起源と言われ、
光やプリズムの色光を浴びたり、神殿は、各部屋ごとに色ガラスによって、
特定の色の光が差し込むように作られていました。
また、クリスタルや宝石を身に纏うことで、健康と美と運気を手に入れようとしていました。

カラーセラピーの目的と原理(哲学と心理学について)

TCカラーセラピーの目的は、大きく分けると2つあります。
1つは、色彩を使って「私とは何者か?」「人生の目的と意味は何か?」
など、哲学的に自己探求して行くことです。
カラーセラピーの目的の2つ目は、心理学的なアプローチ(投影の心理学)を使って悩みや課題を向き合う手助けです。
なぜ、色で自分が分かるのか?答えが導かれるのか?
専門ページで、少し原理をお伝えします。

色彩心理と心理学

色彩心理:色彩が人に与える効果の例として、
「アメリカで刑務所の壁をピンクに塗り替えたら、凶暴な囚人が大人しくなった」
「ロンドンの自殺の名所だった黒い橋を明るい緑色に塗り替えたら、
自殺者が三分の一に減った」という有名な話があります。
色と心は密接な関係があるのです。

カラーヒーリングとカラーセラピー

カラーヒーリングとは、色を使って心と体を癒すことを言います。
セラピーもヒーリングも「治療」という意味なので、
カラーセラピーとカラーヒーリングは同じ意味として使われる場合もありますが、
私たちの業界では、使い分けている場合があります。
ヒーリング=healingは、ギリシャ語の「holos」から派生した言葉で「全体」という意味ですがセラピー=therapyは、ギリシャ語の「therapeia」から派生した言葉で、「治療、奉仕」という意味です。
その為、色彩の効果を用いながら寄り添い、二人で共に、問題を解決して行く手法をカラーセラピーと呼んでいます。

カラーヒーリングの仕方

カラーブリージング(色彩呼吸法)

色をイメージしながら深呼吸する呼吸法のことをカラーブリージングと言います。
カラーヒーリングの中でも最も古い方法の1つです。
目を瞑って色をイメージ(ビジュアライゼーション)して、それを吸い込み、
身体の中に浸透させたり、身体の特定の場所(治療したい場所やチャクラ)に直接浸透させたりします。
色の意味とアファーメーションを組み合わせると効果的です。

色の意味(カラーセラピーで用いる色について解説)

TCカラーセラピーは、個人の体験と結びつく色の記憶は扱わず、
根源的な連想(具体的、抽象的)による意味と文化(思想・宗教)的な色彩象徴による意味の両方を使い、
分析ではなく、カウンセリングの手法を用いてアプローチして行きます。
専用ページにて、TCカラーセラピーで用いられている14色について一般的な色の意味をいくつかご紹介します。

色の効果~どんな時に使うと良い色なの?~

無料カラーセラピー体験

無料カラーセラピーを専用ページから体験することができます。
カラーセラピーは、好きな色で選ぶのではなく「直感」で、ピンと来た色を選びます。
簡易版ですので、1本だけ選んでみて下さい。
占いではありませんので、当たっているかどうかではなく
そのメッセージから、感じたり気づいたりしたことに注目しましょう。

コラム「人生がときめくカラーサロン」

まだまだマイナーな世界である「カラーサロン」
カラーセラピーとは何か?
パーソナルカラーとの違いは何か?
私がなぜ、20年前から今に至るまで、カラーサロンを続けて来れたのか?
なぜ、TCカラーセラピーは35,000人(2017年2月現在)に伝わったのか?

2015年4月から連載したブログ記事です(リンク先はブログになります)

第1章 私がカラーサロンをはじめた理由

  1. 私にとっての幸せと、社会が決めた枠(4月14日)
  2. よし!私がカラーで仕事を作れる人になろう(4月15日)

第2章 カラーは色々な分野とつながっている

  1. なぜ色には、人生をときめかせる魔法の力があるのか?(4月16日)
  2. カラーセラピーは関連する分野がいっぱいある!(4月17日)
  3. 女性性を目覚めさせるパーソナルカラー(4月18日)
  4. 女性のビジネスは「人に喜ばれたい」が基本(4月19日)
  5. 女性は「大好き」で選び、「大好き」で行動す(4月20日)

第3章 自分探しではなく、自分と向き合うカラーセラピー

  1. 選んだ色で心を読むのではなくコミュニケーションする(4月21日)
  2. カラーセラピーは投影の心理学を応用したもの(4月22日)
  3. あなたは、どんな人?どんな性格?(4月23日)
  4. その感情はいつのもの?その問題は本当の問題(5月13日)
  5. シンプルな問題を複雑にしているのは自分(5月26日)
  6. 自分と他人の境界が曖昧になっていませんか?(5月27日)
  7. 自分を生かしきる・自分の人生を生きる(5月28日)
  8. 欠乏感、罪悪感、劣等感、無価値観からの幻想(5月29日)

第4章 パーソナルカラーで自分を受け入れる

  1. 地味で目立たないことがコンプレックスなあなたへ(7月31日)
  2. 好きな色、嫌いな色の心理「好きな色と似合う色は違う」(8月6日)
  3. パーソナルカラー難民になる人の気持ち(8月8日)
  4. パーソナルカラーは理論とコミュニケーションが必要です(8月18日)
  5. 褒め言葉がコンプレックスを炙り出すとき(8月19日)
  6. 似合う色をアドバイスされるのが恐い人もいる(8月20日)
  7. パーソナルカラーで自己肯定感を高めるには(8月21日)

第5章 チャレンジすることの素晴らしさ

  1. 積み重ねることが苦でないことに才能の種が隠れている(8月24日)
  2. あなたの夢~それは、誰を幸せにしたいのか?~(8月25日)
  3. 置かれたところで咲きなさい(8月26日)
  4. 「その選択が正解かどうか」なんてやってみないとわからない(8月27日)
  5. 理想の王子様をつかまえる方法(8月28日)
  6. あなたの中に眠る可能性~背中を押して欲しい人もいる(8月29日)

第6章 チャレンジの向こうにある本当の私

  1. 女性に目覚め、女性として生きる覚悟ができるまで(9月1日)