カラーヒーリングとカラーセラピー

ヒーリングとセラピーの定義

カラーヒーリングとは、色を使って心と体を癒すことを言います。

セラピーもヒーリングも「治療」という意味なので、
カラーセラピーとカラーヒーリングは同じ意味として使われる場合もありますが
私たちの業界では、使い分けている場合があります。

ヒーリング=healingは、
ギリシャ語の「holos」から派生した言葉で「全体」という意味ですが

セラピー=therapyは、
ギリシャ語の「therapeia」から派生した言葉で、「治療、奉仕」という意味です。

その為、色彩の効果を用いながら
寄り添い、二人で共に、問題を解決して行く手法をカラーセラピーと呼んでいます。

TCマスターカラーセラピスト画像

それに対して、色彩の効果を用いながら
全体(ボディ、マインド、スピリット)のバランスを整えて行くのが
カラーヒーリングです。

Healing crystal

具体的なカラーヒーリングについてはこちらをご覧下さい。

カラーヒーリングの仕方

 

ヒーリングカラーとは何か?

そして、もう1つ良く使う言葉に「ヒーリングカラー」があります。

ヒーリングカラーとは、
その人の全体のバランスを整えるために必要な色彩のことを言います。

ヒーリングカラーを使って癒すことをカラーヒーリングと言います。
施術者がクライアントに行う方法もありますし、
自分で行う方法もあります。

自然療法の1つですから、スピリチュアルな療法です。

Young woman meditating in a lotus position

 

TCカラーセラピーでは、ヒーリングカラーは、
主に、その色を生活に取り入れたり、
その色を使ったイメージングやアファーメーションなどで
取り入れて行くことをしていますが、

ヒーリングカラーに対応したアロマセラピーや
パワーストーン、ライトセラピー、レイキヒーリングなど、
他のヒーリングと組み合わせて施術されている人もいます。

 

プラシーボ効果とアンカーリング

また、カラーヒーリングは、脳科学的な見方をすると
プラシーボ効果や暗示催眠として、潜在意識に働きかける療法になります。

脳と目

催眠療法やNLP、イメージング、アファーメーションなどで
使われる心理テクニックと同じプラシーボ効果の原理です。

そこに「色彩」というアンカーを用いたものと考えると分かりやすいかもしれません。

量子力学的に言えば・・・
色彩とは、個々に異なった波長を持つエネルギーです。

私たちは、「意識」することで、目の前で起こる現象が決定されます。
700nmの波長を意識すると、脳の中に赤い色が表れ、
あたかも、そこに赤い物があるかのように感じるのです。

光と物体と色覚

 

セッションとは何か?

今の状態にあう「波長(色)」を見つけるために、カラーセラピストは
クライアントに寄り添いながら、カラーボトルを通じて、お話を聴きます。

クライアントには、問題を解決する能力も、自分で自分を癒す力も
ありますから、私たちカラーセラピストは、寄り添っているだけです。

そして、カラーセラピーを行ったあと、必要な波長(色彩)を使って
心身のバランスを整えるカラーヒーリングを提案します。

ここまでの一連の流れ、
つまりカウンセリングと療法の一連の流れを「セッション」と呼んでいます。

 

ヒーリングカラーの活用方法をご提案

では、色彩を使って心身のバランスを整えるとは、
具体的に、どのようなことをするのでしょうか?

それは、その色の波長を自分に取り込みながら、
イメージして行くのですが、一般的によく行われている方法としては

●色を見る
●色を身に付ける(塗る)
●色を食べる、吸う

などがあります。

ただ、色は、日常に溢れています・・・

ごちゃごちゃした机の上とか、片付いていない部屋に
ヒーリングカラーの小物を置いて見ても、あまり意味がありません。

ヒーリングカードを持ち歩いて、時々見るという方法もあります。

ちゃんと毎日、1日何度もその色を意識して、
自分で書いたアファーメーションを見て唱えていただくいことで
潜在意識に働きかけることができるのですが・・・

それを継続するって意外と難しいですよね?

ƒq[ƒŠƒ“ƒOƒJ[ƒh‚P

 

また、色は面積が大きければ大きいほど、刺激を脳に与えます。

でも、壁一面のカーテンをヒーリングカラーに変えることはできますが
いつもいつも、鮮やかな色が目に入るのも、脳や目を疲労させますし
ヒーリングのたびに、カーテンを変えるのも現実的ではありません。

 

f477e3e5fcf85cc636ffdc89d0ca845e_m

 

色を身に付けるには、ファッションなども有効ですが
治療が終わるまで、同じ色の服を着ている訳にはいきませんよね・・・

 

潜在意識に働きかけるアファーメーション

では、どうすれば、上手くヒーリングカラーが取り入れられるのでしょうか?

一般的によく利用されているカラーヒーリングは、

●ヒーリングカラーをイメージしながら呼吸をする
 (カラーブリージング)
●ヒーリングカラーのエネルギーが身体を通って、心身に作用するイメージをする
 (カラーメディテーション)

などのエクササイズがあります。

ただ、イメージをすれば良いと言うことではありません。

引き寄せの法則でも、よく言われていますが
ただ、願うだけでは、引き寄せは起こりません・・・

例えば、どんなにアファーメーションで
「私は理想の彼と結婚しました」

と唱えたところで、引き寄せらない人がいるのはどうしてでしょうか?

それは、その直後に、
「いやいや・・・無理無理・・・そんなのできっこない」

と、無意識に思ってしまうからです。

そっちの声の方が、心の奥底から聴こえてくる声だから。

それが潜在意識なのです。

Iceberg above and below the level of ocean

だから、心の奥底から、1ミリの否定もなく
願わないと、引き寄せられないのです。

それは、アファーメーションも同じです。

どんな状態の時に、どのタイミングで、どの色を使って、
どんな言葉かけ(アファーメーション)やイメージングをしたら良いでしょう?

◆心の底から、願っていることをイメージする
◆自分の可能性を信じていること
◆リラックスして、いい気分であること

脳がアルファー波かシータ波の状態が、イメージングに良いとされており
ぬるめのお風呂に入っている時や、寝る直前などが
潜在意識に入りやすい状態です。

TCカラーセラピーには、カラーバスという
TCカラー14色に対応した入浴剤もあります。

カラーヒーリングの仕方をご参照下さい。

個人セッションでは、じっくりカウンセリングをしてから、
カラーセラピストさんがヒーリングカラーを提案してくれますので
一緒にアファーメーションを考えると良いでしょう。

ぜひ、信頼できるセラピストさんを見つけて、
個人セッションをご体験下さいませ。

また、気軽に色を取り入れたいと言う方は、
色の意味のページを参考にしてみて下さいね!

色の意味(14色の色の意味)

▲このページのTOPへ


オリジナルグッズ販売公式サイト