Wells fargo platinum hitelkártya http://onlinetablettak.com Nyissa meg a care egészségügyi központ

色彩心理と心理学

色彩心理:色彩が人に与える効果

「アメリカで刑務所の壁をピンクに塗り替えたら、凶暴な囚人が大人しくなった」

「ロンドンの自殺の名所だった黒い橋を
明るい緑色に塗り替えたら自殺者が三分の一に減った」

という有名な話があります。
色と心は密接な関係があるのです。

Choosing tie

アメリカの大統領選挙では、ネクタイの色が赤なのか、青なのか
注目されることがありますよね?

これは、色彩が人に与える効果を演出に用いている1つの例です。
何を伝えたいのか話の内容によって、赤と青を使い分けていたりもします。

有名なのが、ケネディがニクソンに勝利した大統領選挙の話です。
1960年のテレビ討論会で、ケネディは、紺色のスーツに白いシャツ、
赤のネクタイというスタイルで登場しました。

当時のアメリカは、カラーテレビの放送が1954年にはじまったばかりで
まだ、白黒テレビの家も多かった時代です。

紺色と白では、明度差があります。
白黒テレビでは、この配色は明度のコントラストが大きく、
若々しく、爽やかで、勢いのある印象を与えたのではないかと言われています。

また、ネクタイの赤は、リーダーシップ、行動力、活力、エネルギーを表す色。

それに対して、ニクソンは、ブラウン系のスーツを着用していて
白黒のテレビでは、ぼんやりとした印象を与えてしまっていたようです。

実際のそのせいで、ニクソンが敗れたということではないと思いますが、
当時のイメージコンサルタントの間で、色が人に与える影響の大きさを認識し
以後、人のイメージ戦略にも、色は欠かせないものとなりました。

カラーコンサルタントの活躍と歴史

  • ヨハネス・イッテンがドイツのバウハウスで色彩を教える。著書「色彩論」1919年
  • アメリカのロバート・ドアがインテリア業界で「アンダートーン」を発案。1928年
  • アメリカのフェイバー・ビレンは、色彩調節や安全色彩を開発。1940年代
  • アメリカのチャスキンは、手術室を血液の赤の補色である緑に提案。1940年代
  • アメリカで政治家がカラーコンサルタントを雇いイメージ戦略を始める。1960年代
  • 日本でも、企業のイメージ戦略にカラーが活用されるようになる。1970年代

色彩学:色の正体

私たちが、無色透明に見えている「光」の中に、色を感じさせる要素があります。
光は、「電磁波」と呼ばれる放射エネルギーの一種です。
電磁波は、波長の長さによって、種類があり、長波長側から、
テレビ波・レーダー波、赤外線、紫外線、X線、ガンマ線となりますが
赤外線と紫外線の間にある「可視光線」と呼ばれる波長が、
私たち人間に、「色覚」を生じさせます。

prism_img-300x179

つまり、可視光線とは、赤、橙、黄、緑、青、藍、紫の虹の色であり
赤外線と紫外線の間にある電磁波ということになります。

ここまでは、物理学の分野のお話になります。

心理学:生理学と投影法

一方、人間がどのようにして色を捉えるのか?
となると、生理学の分野のお話になります。

人間が色を見るためには、光と物体と色覚(色を脳で感じる能力)が必要です。

人間は、物体から反射して来た光が、物体の色として感じるのです。
そして、その色を認識する時、何らかの心理的作用が働くことがあります。

色彩は、基礎心理学の各分野で研究されています。
色彩検定やカラーコーディネーターの試験にも登場する
色の対比、色の同化など、色知覚についての研究です。

そして、応用心理学として、産業、環境、文化、芸術など様々な領域で扱われ
実際に、建築、環境、マーケティング、商品開発などで活用されています。

また、色彩を使った性格検査(投影法)や、芸術療法、
呼吸法やイメージ療法など、心の治療や援助にも使われています。
カラーセラピーは、投影の心理学を元に、

色を使った投影法

DSC_3858 DSC_3857

  • スイスの精神科医H.ロールシャッハの「ロールシャッハ・テスト」1921年
  • イギリスの小児科医M.ローエンフェルト「モザイク・テスト」1929年
  • アメリカの心理学者H.A.マレーと
    C.D.モーガン「TAT(主題統覚検査)」1935年
  • スイスの心理学者M.リュッシャー「リュッシャー・カラーテスト」1947年
  • スイスのM.フィスター「カラー・ピラミッド・テスト」1950年
  • 他に、絵画テストとして、
    バウムテスト、風景構成法、人物絵画法、動的家族画法、HTPテストなどがある

 

色が関わる芸術療法

  • フィンガーペインティング
  • 交互色彩分割法
  • スクィッグル法
  • MSSM
  • 九分割統合絵画
  • ぬり絵 などがある

※参考書籍:色彩心理のすべてがわかる本/山脇惠子著(ナツメ社)、好きな色嫌いな色の性格判断テスト/フェイバー・ビレン著・佐藤邦夫訳(青娥書房)

 

 

▲このページのTOPへ


オリジナルグッズ販売公式サイト